2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月25日 (土)

水越峠〜金剛トンネル(奈良側)でW金剛

不思議と、単身生活になってから早起きが苦手になりました。千葉にいたときは、4時でも5時でも目覚まし鳴る前にパッと目が覚めたもんですが、今では目覚まし鳴っても・・・

今日も気温が高くなりそうなので、早いうちに走りたいということで5時に何とか起床バナナやらどら焼きやらを口に放り込んで、うだうだ準備。。。ようやく6時前に出発です

特に走るところを決めていなかったんですが、Twitterの呟きを見ながらまだ行ったことのない水越峠に決定まずは、道の駅ちはやあかさかを目指します。金剛方面に行くなら、大和川〜石川よりも真っ直ぐ街中の道を走ったほうが近い。ということで、309号線目指して走ります。まだこの時間だと、涼しく走れますね 1時間強で道の駅ちはやあかさかに到着。朝早いので、誰もいません

Dsc_0138_1

道の駅ちはやあかさか

ここから本格的に登っていきますが、それほど傾斜もキツくなくのんびりと走れます。水越峠(大阪側) 距離 :7.0km 標高差 :401m 平均斜度:5.7% 

Dsc_0140_1

水越峠への上り

Dsc_0142_1

水越峠のぼったどー!

ここでまだ時間があったので、奈良側に下って裏金剛(トンネル)を登ることにします。下りきった名柄の交差点を右折して五條方面に向かいますが、この道が結構な登りがあってしんどい 軽いギヤでえっちらおっちら登ります。お腹もすいてきたので、7月のTwitterライドでも行ったパン屋さん「ヤムヤム」を目指します。

Dsc_0144_1

Dsc_0143_1

ヤムヤムさん

Dsc_0145_1

ミルクパンとタマゴサンド

時間が早かったので、あまりパンの種類がなく残念でした。プリンデニッシュはまた今度におあずけです でも、ここのパンはとても美味しくて大好きです

お腹も満たされたところで、裏金剛(金剛トンネル奈良側)を登ります。 金剛トンネル(奈良側) 距離 :6.3km 標高差 :429m 平均斜度:6.8% 日差しもだいぶ暑くなってきましたが、山の中は木陰も多く、風も涼しくて気持ちいいです 走りは、ヘタレていますが(笑)。ゆっくりマイペースで登って、トンネル手前で裏金剛ゴール!

Dsc_0147_1

裏金剛ルートからの眺め

Dsc_0148_1

裏金剛のぼったどー!

ここからロープウェイ駅に行けばトリプル金剛となるわけですが、今日はこのへんで勘弁しといたろ ということで、一気に河内長野まで下り、帰りは石川〜大和川の川沿いの道を走って帰ってきました。(DIST 105.4km、AVE 21.6km/h)

2012年8月19日 (日)

十三峠〜ぶどう峠ライド

今日は、会社の自転車乗りAndyさんをお誘いしてのライドです

堺のサイクルショップ「Art Cycle TA's」さんに7時に待ち合わせ。ウチからは10分もかからないくらいなので、少し早めに出てローソンで朝食をとって、のんびり向かいます。ほどなく、到着

Dsc_0125_1

Art Cycle TA's さんです

ちょっと着いたのが早かったのでぼーっと待っていると、Andyさん到着!TA'sさんのチームジャージに黒のCERVELOがとっても速そう お手柔らかにお願いしますね

Dsc_0126_1

AndyさんのCERVELO

事前のやり取りでは、大和川から石川を通って金剛山方面に向かう予定でしたが、先週走ったコースとかぶってしまうため、お願いして十三峠に連れて行ってもらうことにしました。

まずは大和川を目指して出発です あぁ・・・やっぱり速いですね 離されないように必死についていきますが、赤信号で追いつくのが精一杯。きっと、手加減して走ってもらってたんでしょうけど。ちょっと、先を思うとブルーになりながら必死に走ります。でも、大和川に出るまでの道が、なるべく大通りを避けたいい道を教えてもらったので収穫

大和川に出てからは、先週も走った勝手知ったる道なので、少し落ち着いてついていきます。やっぱり川沿いの道は気持ちいいですねぇ。必死に漕いでるので、既に汗だくではありますが(笑)。あっという間に、柏原まで到着!先週行った、石川CR、金剛山方面は右折しますが、十三峠、ぶどう峠方面へは左折します。

しばらく街中の道を走って、十三峠ふもとの7-11で補給休憩 いよいよ十三峠アタックです。ネットの情報によると 距離 :4.0km 標高差 :375m 平均斜度:9.2% 最高斜度:14.7% だそうです 相変わらず、走った後からネットで調べて・・・少しは学習しましょう 最初は勾配もゆるいですが、道幅が狭くなってからが勾配も急になります。Andyさんはあっという間に見えなくなってしまい、一人旅。千葉の鹿野山秋元口コースと同じような感じですかねぇ。サイコンのspeedも1ケタに落としながら、インナー×ローでヒィヒィ登ります。ところどころで緩斜面があるので、心折れそうなところでアメが与えられます 大阪府民の森のゲートのカーブを曲がったところで、ゴールの駐車場が見えた!そしてヘロヘロのゴール ここで、TA'sさんのチームジャージを着た方が練習で来ていてご挨拶。なんとこの方、この峠を13分台で登ってしまい、既に2本も登っていたのに私達が休憩する間に、クールダウンで3本目を走りに行ってしまいました。正しくリアル変態。

Dsc_0128_1

十三峠から大阪平野を望む

しばらくAndyさんと談笑していると、かなりな勢いで下から戻ってきました ここから3人でぶどう峠経由で帰ります。ぶどう峠まではアップダウンのある道をこれまたヒィコラいいながら走り、信貴山のどか村という施設で休憩(入口から10%の上り坂がありとてものどかではない)して、ぶどう峠を下りました。ぶどう峠も、つづら折れの急坂でヘアピンカーブがあり、途中、後輪をロックさせてあやうく落車するところでした。

Dsc_0129_1

信貴山のどか村

ちなみにぶどう峠とは、近くにぶどう農園がたくさんあるのでぶどう峠と呼ばれているらしいです。

ぶどう峠を下るとすぐに大和川の川沿いの道に入り、これまた高速列車に乗り遅れながらヒィヒィ言って帰ってきました。帰りにTA'sさんに寄ったら、この二人とは走ってはいけない!と言われてしまいました。やっぱり!? でも、速い人と走ると、もっと速くなりたい、強くなりたいというモチベーションになりますね(限度というものもありますがw)。

(DIST 66.7km、AVE 22.2km/h)

2012年8月12日 (日)

大和川〜石川〜シングル金剛

大阪の暑さに負けてしばらく自転車に乗らない日々が続いていましたが、これではいかんと一念発起して1ヶ月ぶりのライドです

朝5時に起床も、うだうだ準備して6時前に出発

今回は、事前にツイッターで情報を集め、川沿いのCRをつないで金剛山を目指します。まず、堺からあびこ筋まで出てこれを北上。イオンの大きなショッピングモールを過ぎると、すぐ大和川です大和川は、上流に向かって左岸を走るので、川を渡ってから右折して大和川沿いに進みます。

Dsc_0116_1

早朝の大和川

この頃は、朝も早いし、空には雲も広がっていたので、涼しくて気持ち良い感じでしたところどころ車と併走するところもあるので、厳密にはサイクリングロードではないのかな?ずっと進んでいくと、奈良方面の山々が近づいてきた頃、近鉄道明寺線(単線)の踏切をわたります。ここをすぐ右折すると、石川CRに入るんですね。

Dsc_0117_1 

この橋をわたります(汗)

右折するには、かなり細い橋を渡るんですが、この橋で良いのかちょっと迷いましたが、行ってみると石川に入っていきました。石川CRは車は入ってこないのですが、ランニングや散歩している人がたくさんいて、道幅も広くないので注意です CRの道順がよくわからないとこがあったりして、ところどころ車道を走りながらも、同じ方向に走っているローディーの後を追いながら石川沿いを進みます。最初は上流に向かって右岸を走り、途中で左岸に移ってずんずん進みます

石川CRが途切れたあたりからは、前のローディーを追って、住宅街の細い道を走りますが、どこにたどり着くのでしょうか? しばらく進むと「河内長野」の文字が出てきました。310号線の看板も出て、無事に金剛山方面に向かっていることを確認し、いよいよヒルクライムのはじまりです

Dsc_0118_1

しかし、今日はなんでこんなに脚が回らないでしょうかねー やっぱり、乗り込みが不足して脚力落ちちゃったかな〜(涙)。金剛山ロープウェイまで行くことをツイートしてしまった手前、なんとしてもたどり着かねば・・・。でも、観心寺の坂あたりで左足に痛みを感じて、ゆっくりゆっくり登ります。何度も何度も心折れそうになりながらも、ヘロヘロの状態で金剛山ロープウェイ到着! あまりに疲れて、あずま屋のベンチに倒れ込んじゃいました

Dsc_0120_1

シングル金剛のぼったどー!

帰りは森屋方面に下って、道の駅かなんに寄ってから、石川、大和川をつないで帰りました。山の中は25〜23℃と涼しかったのですが、道の駅かなんからは暑い日差しと、気温も上がり、熱中症の恐怖を感じながら、休み休み帰ってきました

(DIST 101.5km、AVE 21.9km/h)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »