2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

海を見に加太ライド

2週間ぶりに自転車に乗ってきました〜 場所は迷ったのですが、海が見たくなって、以前にも行った和歌山市加太まで。往きは国道26号をひたすら南下していきます。ウチから自走だと、どこ行くにも市街地を結構な距離走らなければならないので、信号や荒い運転のクルマにイライラしてしまいます それに自動車専用の立体交差がやたら多いんですよね〜。それでも、順調に走って、みさき公園駅前のローソンで休憩

ここから峠一つ越えて、和歌山へ向かいます。でも、金剛や鍋谷峠みたいな厳しいところではなく、南海電車も併走している孝子(きょうし)峠。100m位しかなく、勾配も緩やかです。

Img_20130630_081633

孝子峠

ここから、和歌山市街へ下り、右折して加太に向かいます。加太まではそれ程距離はないですね

Img_20130630_084747

加太の淡嶋神社

今日は、満幸商店には寄りません(笑)。

Img_20130630_090350

加太の海(正面の島は沖ノ島?)

帰りは大川峠経由で帰りますが、その前に景色がいい所がないかと探しながら走っていると、山の上に宿泊施設のような建物が。どうも休暇村紀州加太というところみたいで、早速GO!

当然、山の上なので坂登りますよね〜〜〜。1kmくらい10%程度の激坂を登って到着

Img_20130630_091446

Img_20130630_091453

紀淡海峡の眺めで癒されて下さいw

しばし癒されて、帰ります。大川峠のトンネルをパスして旧道の峠を走り(荒れているので注意です)、阪南からは海沿いの道を迷走しながらw、りんくうプレミアムアウトレットでスタバ休憩。

Img_20130630_105221

左の白っぽいのが関西空港、右の橋が空港連絡橋

Img_20130630_110625

暑さにグッタリです

ここからは旧26号と呼ばれる、大阪府道204号で帰ってお昼頃着きました。日差しは暑かったけど、風が涼しくて助かりました (DIST 117.6km、AVE 24.4km/h)

2013年6月16日 (日)

早朝鍋谷練

Img_20130616_064108_2

大阪と和歌山の県境にある鍋谷峠に行ってきました。国道480号を和泉市の父鬼町から和歌山との県境に向けて登ります。シマノレーシングの選手が練習に来たり、聖地と呼ばれる場所です

朝5時に出発し、和泉市から国道480号に入ります・・・が、しばらく走っていると違う道を走っていたことに気づく まあいいかとそのまま走り、480号に復帰。外環状線を越えた辺りからだんだん山深くなってきます。

父鬼町から峠までのコースは、距離:5.9km、標高差:430m、平均斜度:7.4%です。序盤は道幅も広く傾斜も緩めですが、そのうち1車線になり傾斜もキツくなってきます。景色も良いわけではなく、何度も同じような場所を走っているような感覚にもとらわれます。

Imgp0791

こんな感じのコーナーを何度も通ります

Imgp0794

霧で何も見えません

終盤にかけては傾斜も緩む所もあり、県境の看板が見えてゴール

Imgp0792

霧の鍋谷峠

Img_20130616_064720

気温18℃ですが・・・

ここまで厚い雲に覆われてはいたもののは降っていなかったのですが、和歌山側に下り始めてからポツポツと 下りなので結構スピード出てるし、雨が顔に当たるの痛いし、寒いし

ようやく紀の川沿い国道24号まで出て、ファミマで休憩。ここから橋本方向に向かいますが、ようやく青空が見えてきたー と思ったら、いきなりの気温上昇で、なんか体調的におかしくなった感じ。だらだらと24号を進んで橋本到着

橋本では、Twitterサイクリストの間で今熱い「ARCTIC」というパン屋さんがあり、これを目指してきたのですが、開店時間は調べてたものの定休日を見るのを忘れるという失態を犯し(自爆)、失意のまま癒しの紀見峠へ。

紀見峠は大阪から和歌山に抜ける峠道の中で、傾斜も緩やかで、高度差もあまり無いので、サイクリストの間では「癒しの峠」と言われています トンネル手前を旧道に入っていき、のんびり登っていると紀見峠のバス停があり、しばらく先に峠の頂上があります。

Img_20130616_091246

癒しの峠 紀見峠

ただし、この旧道以外の部分の国道371号(高野街道)は、交通量も多く、決して癒しではないのでご注意を

河内長野手前から和泉市方面に曲がり、11時頃帰ってきました。今日は、関西の未踏破峠2つ制覇したどー (DIST 100.4km、AVE 22.6km/h)

2013年6月 1日 (土)

Twitterライド de トリプル金剛

梅雨入りの6月 雨のふらない週末は、是非とも走っておきたいところです ましてや、明日は子供の小学校の運動会!週明け雨予想だった土曜日の天気も曇りまで回復。どこ走ろうかなぁと思いながらTwitterのタイムラインを眺めていると、どうも明日は金剛山が熱いらしい でも、金剛トンネル6時半では、ウチから自走では4時に出発しないと厳しい・・・。この機会を逃すのはもったいなく、えーい車で行ってしまえと道の駅かなんまで車で出発

5時過ぎに道の駅かなんに到着し、そそくさと準備をしていると何やら近づいてくるお方が・・・なんとツイ友の激坂君でした!来られそうもないと呟いていたので、まさかここで会うとはビックリ。リアルはじめましてです

準備も整っていよいよ出発です 激坂くんを前に、後ろからついていきます。道の駅かなんからはすぐ山道に入るのでキツいですね。でも、いろいろお話しながらペダルをこいでいると、不思議と一人の時よりも楽な感じがします 森屋の交差点から千早の方に登って、ロープウェーはスルーして金剛トンネル側に一度下ります。金剛トンネルへと続く国道310号に入ったところで、前方にTwitterで良く見る白いインタマのフレームが!しばらく後ろを追走しているとよっしーさんでした 3人で金剛トンネル目指してハァハァします。しばらく走って、金剛トンネル到着 タカさんが先着されていました。その後も来るわ来るわで、なんと11人も Twitterってすごい

Img_20130601_061900

早朝の金剛トンネル

Img_20130601_063427

なんとなんと、総勢11人も・・・

半分位は以前一緒に走ったことのある方々、残り半分位はリアル初めましての方々でした。これから仕事な方もいらっしゃって、ゆっくりお話もできませんでしたが、また機会があれば宜しくお願いします

みなさん大阪側へ引き返していく中、ワタシは一人奈良側へと思いきや、タカさんがお付き合いしてくれることになりました。裏金剛をビャーっと下ると結構寒い まだ山のダウンヒルは薄いウィンドブレーカーかアームウォーマーが必要ですね ここから名柄へはアップダウンが結構あってキツイ道です。長柄のローソンで休憩して裏水越に備えます。裏水越への旧道はほとんど車も通らないので、タカさんとお話しながら登ります。

Img_20130601_080217_2

祈りの滝でタカさんのBHと

Img_20130601_081725

裏水越登ったどー!

ちなみに、金剛山の周りには金剛トンネル、水越峠、ロープウェー下と3つのピークポイントがあり、金剛トンネルと水越峠は大阪側を表、奈良側を裏と呼んで(ロープウェーは大阪側だけ)、ピークへのアタック1回クリアでシングル金剛、2回でダブル、3回でトリプルと呼びます。中には金剛ファイブなんていう変態さんも

私にはまだ時間があったのでロープウェーを目指すことに、タカさんは厳しい門限があるので森屋の交差点でお別れしました 途中までは朝走った道と同じですが、ここまで山道50km程走っていたので、脚も重くなりつつありましたが、前を走っていた二人組のローディーさんを目標において途中まではペースを保ち、千早のT字路からは追い込んで走りました。結果は、まだまだなタイムでしたが自分では納得の走りができました

Img_20130601_091842

トリプル金剛だん!

もう後は下るだけで、道の駅かなんまでは一気に下り、帰りました。今日お会いした皆さん、お疲れ様でいた&ありがとうございました。また機会があったら宜しくお願いいます(* ̄0 ̄)ノ (DIST 67.0km、AVE 19.8km/h)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »