2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月21日 (日)

1府2県 3大聖地を巡礼するライド(7/20)

昨日は1日フリーチケットをもらったので、どこを走ろうか思案。やっぱり、この酷暑の中では山の涼風を浴びるしかないと思い高野山を目指そうとしますが、せっかくなので高野山の行き帰りも峠を越えましょうと計画。関西サイクリストの聖地、鍋谷峠、高野山、金剛山に行くことにしました

目覚ましを4時にセットして前日は早めに就寝。暑さで4時前に目が覚めてしまいましたが、4時半頃に出発 まずは鍋谷峠を目指します

和泉府中から、和泉中央と抜けて槇尾山の表示が見えてきたら、鍋谷への登りもすぐです。TTのスタート地点の製材所の橋からなんとなく計測してみます。先も長いし、急ぐ旅でもないのでゆっくりペースですけど 途中、こんな写真を撮ったり(笑)。

Imgp0800

沖縄行っちゃいますか(抽選で)ww

前回来た時よりは体調は良かったので、それ程やっつけられ感はなくゴール。約32分・・・。まあ、全力ではないですから・・・

Img_20130720_063637_2

鍋谷峠登ったどー

Imgp0803

裏鍋谷の眺め

裏鍋谷をビャーッと下って、和歌山県かつらぎ町へ。ここから国道24号を東に向かい、九度山、高野山を目指します。高野山は斜度はキツくないですが、距離が長い(約20km)です。

Imgp0804

紀ノ川のほとりで・・・

Imgp0805

Imgp0806

南海高野線の橋梁とトンネル

Imgp0807

かじかドライブイン でかっ!

Imgp0808_2

そんなこと言われても実感湧きませんww

大門ももうすぐという所で、ツイ友のタカさんとスライド。赤まったりジャージがよく目立ちました。 しばし談笑していたのですが、この日の高野山はサイクリストが沢山走っていて、有名ショップのシルベストさんが団体で走っていました。雑誌によく出てくるてんちょさんも走っていて挨拶され、ちょっと有名人に会った気分です(笑)。タカさんと別れてしばらく走ると大門とうちゃーく

Img_20130720_091949

高野山大門登ったどー

20km登ったってことは、20km下らなければなりません。高野山には登ってきた九度山ルートと橋本ルートがあるのですが、橋本ルートは走ったことがなかったので行ってみることにします。九度山ルートとは丁度反対側で、国道371号線ですが、九度山ルート程整備されておらず、全面舗装ですが、クルマ同士が対向したときはすれ違えないような狭いところがたくさんあります。でも、自転車では川沿いの涼やかな道で気持ちいいです。ただし、下りでも少し登り返すところがあるので覚悟しておいてください。

Imgp0812

橋本ルートにて

橋本市内まで戻ると、かなり気温が高くなってます。やっぱり山の中とは違いますね ここ橋本では、市役所前にあるパン屋さん「アークティック」に寄ります。自転車Twitterの自転車TLでコーヒーゼリーデニッシュが話題なのですが、前回は定休日の日曜日に来てしまい撃沈。今回は満を持して土曜日にやってきました。ががが、コーヒーゼリーデニッシュは売り切れ 縁が無いようです・・・。でも、フルーツデニッシュもデニッシュ生地がパリパリでパイナップルも沢山のってて、下のクリームも甘酸っぱくてとても美味しかったです。ベーコンチーズフランスも美味しかった〜♪

Img_20130720_105601

フルーツデニッシュうまー

ここの店長さんも自転車乗りで気さくに話しかけてくれました。橋本に行った時には、また寄りたいです

お腹も満たされたところで、いよいよ最後の関門、裏金剛トンネルを目指します 東に向かって五條まで走り、左折して国道310号線に入ります。もう、この時間帯は暑さがピークになっていて、少しでも陽の当たるところを走るとクラクラしそうです いつかは着くだろうと、ひと漕ぎひと漕ぎクランクをゆっくり回します。途中のこんな景色に癒されながら。そして、ようやく裏金剛トンネルとうちゃーく

Imgp0814

裏金剛の絶景ポイント

Img_20130720_130311

裏金剛トンネル(奈良側)登ったどー

Img_20130720_132655

あまりに気持ちよかったので寝転んでみたw

ここからは快適ダウンヒルで河内長野まで下り(ロープウェーは?という突っ込みは無しでww)、酷暑の中を市街地を走り帰ってきました。

大阪、和歌山、奈良にわたった3大ヒルクライムは、充実感満点でした。(DIST 152.5km、AVE 19.9km/h、獲得標高 2,500m)

2013年7月 7日 (日)

灼熱の十三峠ライド


Img_20130707_080441

朝起きて、どこ行こうかな〜と考えた時に、とても天気が良かったので久しぶりに十三峠からの眺めを見たいと思い6時に出発

大和川からいつものコースで行きますが、もうこの時間でも暑い。ていうかの日差しが熱くて痛い しばらく走っていると、大和川の土手脇にどこかで見たインタマの白いロードが・・・。一旦通り過ぎてから戻って声をかけてみると、やはりツイ友のよっしーさんでした よっしーさんは今日はお仕事なのでこれから帰るとのこと。石川CRの橋までご一緒しました。ここから私は左に折れて十三峠を目指します。ふもとの7-11で補給して、いざ十三峠へ。出だしは傾斜も急ですが、息を付けるような緩斜面もあるので割と走りやすいです。しかし、日陰はいいけど、日向は暑くて暑くて しばらく走って、”大阪府民の森”のゲートが見えたら頂上の駐車場はすぐそこです

Img_20130707_080255

十三峠登ったどー

駐車場にいた地元のローディーの方としばしお話をして、次は信貴山に向かいます。奈良側へ下って、アップダウンのある広域農道をゆったりペースで走ります。信貴山に近くなったところで、狭い道路で後ろにバスにつかれたので急ごうとダンシングし始めたところ、カツカツという異音が・・・。ふとタイヤを見るとなんかゴミみたいなものが付いてるので、広いところでバイクを降りて確認してみると、なななんと画鋲がぶっすりと

Img_20130707_082945

がびょーん・・・

Img_20130707_083228

Img_20130707_083421

Img_20130707_084455

久々のパンク修理でしたが、チューブ破裂させることもなくスムーズに出来ました しかし、こんな山奥にピカピカの新品ぽい画鋲が落ちてるなんて、悪意を感じざるを得ません。でも、数年前に買ったCO2インフレーターが初めて使えたので良しとしましょう

気持ちを持ち直して、ちょっと走ったら信貴山のどか村です。

Img_20130707_085900

Img_20130707_090933_2

夏はやっぱりこれでしょ!

ここから、葡萄峠を下って、再び大和川を走って帰りましたが、帰りの大和川はさらに灼熱地獄と化していたのでした

Img_20130707_092922

葡萄峠の由来!?

Img_20130707_093018

遥か遠くにあべのハルカスも見えました!

これからの時期、熱中症対策には気を付けないといけませんね! (DIST 73.4km、AVE 22.0km/h)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »