2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月25日 (月)

残暑のいすみ・太東岬ライド(8/24)

夏休み最後の一日。前日の夜からTwitterで走ることは呟いていたが、なかなか走るコースが決まらない。朝おきて、ツイ友のpentaさんのツイートによると大多喜へ向かうと・・・。なら、とりあえず大多喜まで行きましょう。

市原中央高校の裏山を登って牛久へ出て、そこから国道297号でまっすぐ大多喜へ。ノンストップで行きますよ!

Dsc_1172

大多喜駅到着!

近くのセブンイレブンで買ったパンを食べていると、pentaさん、お久しぶりのTさんも到着!3人でしばし談笑して、さてここからどこに行きますかと。特に皆さんここぞという所がないので、いすみ方面に向かって出発!国王様先頭に三両列車は進みます。

Dsc_1176

国王様の先導!

国吉を過ぎたあたりでもなんとなく海方向へ。でも大原まで行くと遠くなるので、岬町方面へ。きんつばやさんに寄って行くことになりました。このきんつばやさん、千葉チームの中ではかなりなデフォルトスポットなのですが、私はまだ行ったことがありませんでした。ところで、店名のきんつばなんですが、皆さんの画像ツイートを見ると・・・今川焼き。私自身、今川焼きと大判焼きくらいしか名称を知らなかったのですが、きんつばとか関西では御座候とかいろいろな名前があるんですね(^^; きんつばやさんは開店したばかりでしたが、カキ氷をいただきました。

Dsc_1178

きんつばや

Dsc_1179

Dsc_1181

この辺りから、隠れていたお日様が出てきてジリジリと暑く、カキ氷を美味しくいただきました。ここまで来たので、太東岬に向かいます。ちょっと高台にある岬で涼もうというわけです(^^)

Dsc_1182

Dsc_1183

Dsc_1184

太東埼灯台

Dsc_1185

日差しは強いですが、海風は涼しく気持ちいいです。休憩の後、岬を下ったところでpentaさん、Tさんとお別れ。ここから睦沢、長南、笠森とつないで帰ります。途中、睦沢から長南へは恒例のアゲインスト(>_<) いつも帰りは向かい風な気がするのは気のせい?

Dsc_1187

赤コーラーチャージ!

北海道の涼しさに慣れた身にはこたえる暑さでしたが、ちょっと秋の風も感じたライドでした。pentaさん、Tさん、またよろしくお願いします♪(DIST 106.9km、AVE 26.0km/h)

2014年8月24日 (日)

最北ライド その2(8/19)

北海道ライド5日目(8月19日)

稚内二日目はノシャップ岬とサロベツ原野を走りに行きます。朝、ホテルの部屋で菓子パンを詰め込んで、荷物をまとめてフロントに預けて今日も身軽に出発です!ノシャップ岬までは、稚内から5km程度。朝もやの中走っていると、すぐ着いちゃいました。カブで北海道を旅している青年とお互いに写真を撮り合い。

Dsc_1126

ノシャップ(野寒布)岬

Dsc_1122

微かに真ん中に利尻富士が見えます!

朝早いので、観光客は全然いません。早々に切り上げて、サロベツへと向かいます。サロベツは利尻礼文サロベツ国立公園の一部でその中を通る道道106号稚内天塩線は利尻岳(利尻富士)がよく見える絶景の道として知られています。そこを走るのが今回の楽しみの一つでもあったのです。生憎の曇り空でしたが、ノシャップ岬から利尻富士が微かに見えたので期待して行きましょう!

Dsc_1127

エゾシカですが何か?

Dsc_1132

Dsc_1136

道道106号線

Dsc_1138

海に浮かぶ利尻富士!

道道106号線は、右手に海と利尻富士を眺めながら、ほとんど真っ直ぐ進みます。途中、2回ほど鹿が出てきました!最初に見た方は人に慣れているのか、カメラを向けても逃げようとしませんでした。稚咲内まで来たところで内陸に入って、丘陵地帯を稚内方面に戻ります。この辺りは牧場が沢山有り、なだらかな丘陵に牛がのんびりと放さていました。

Dsc_1139

Dsc_1140_2

Dsc_1142_2

のんびりな景色に癒されながら走って、稚内駅にちょうど100kmでゴール!時間的に昼前で少し早く帰ってこられたので、食べログでチェックした「デノーズ」さんへ。米軍チーズバーガーを頼みましたが、そのでかいことでかいこと!写真のシュガーポットと大きさを比べてみてください(;゚Д゚)!

Dsc_1143

Dsc_1144

お腹もいっぱいになったところで、駅に戻って自転車を輪行袋に入れて、また5時間の車中の人となりました。

Dsc_1145

特急サロベツ

Dsc_1146

反省会!?

二日間、素晴らしい景色と爽やかな気候で充実したライドを堪能できました!(DIST 100.0km、AVE 26.7km/h)

2014年8月23日 (土)

最北ライド その1(8/18)

北海道ライド4日目(8月18日)

この夏休みのメインとも言うべき企画で、1泊2日のフリー時間を与えられどこに行こうかとあれこれ考えた結果、稚内周辺をライドすることにしました。小樽から稚内までは340kmほどあるので、自走でも行けないことはないのですが、ただ走るためだけになってしまうのと、夜走るのは危険と判断して、列車で輪行することにしました。嫌いではないです、鉄道も(^^)。

朝7:48札幌発のスーパー宗谷1号に乗り込みます。もちろん、進行方向に向かって最後方の座席を指定してあります!

Dsc_1074

スーパー宗谷1号

Dsc_1076

定位置!

稚内までは約5時間。朝食を食べたり、音楽聴いたり、外を眺めたり、寝たり・・・etc. そして着きました!日本最北端の駅、稚内!

Dsc_1077

駅舎が新しく綺麗になっていてビックリ!外に出て自転車を組み立てますが、旅を終え、又は始めるチャリダー達がたくさんいました。必要なものだけジャージのポケットに詰め込んで、バックパックと輪行袋を駅のコインロッカーに預けて、宗谷岬目指して出発です。まずは国道40号を南下し左折して国道238号に入ります。

Dsc_1084

宗谷岬までは片道30km程度。海沿いの平坦な道をノンビリ走ります。天気も良く、思いの外ジリジリと暑さが照りつけてきます。最北の街なのに(^^;

Dsc_1086

途中、大学一年の時のクラスメイトがバイク事故で亡くなった現場で黙祷します。宗谷岬まであと少しだったのになぁ。今日くらい天気が良かったらなぁ。などと思いにふけってしまいました。さらに進むと、間宮林蔵の碑を見つけました。今まで車で3回ほど来た事ありましたが、最近できたのかな?

Dsc_1089

亡き友に捧げる黙祷

Dsc_1090

間宮林蔵渡樺出航の地の碑

Dsc_1091

稚内を出て1時間強で日本最北端の地、宗谷岬に着きました!さすがに、多くの観光客、バイカー、チャリダーがいて、記念写真を撮る順番に列をなしてました。私もその列に混じって撮ってもらいまいた。

Dsc_1095

このまま帰るのももったいない程の天気だったので、少し丘の上に上がってみることにしました。この辺りは宗谷丘陵と呼ばれ、美しい風景を望むことができます。

Dsc_1098

Dsc_1103

Dsc_1104

すっかり景色に癒されて、稚内に戻ります。稚内駅まで戻って、近くの北防波堤ドームで写真をパチリ。荷物を拾って、宿泊先のドーミーイン稚内ホテルへチェックインしました。ホテルは綺麗でとても快適でした。素泊まりにしていたので、ひとっ風呂浴びて稚内の街に繰り出します。と言っても、お店がポツポツとあるだけですけど(^^; その中で、なかなかしぶい構えの居酒屋「網元」さんにイン。ちょっと一人では入りづらかったですが、優しいお母さんとおいしい料理にお酒が進みました。

Dsc_1110

北防波堤ドーム

Dsc_1113

Dsc_1116

Dsc_1115

Dsc_1117

Dsc_1118

稚内の一日目終了。(DIST 66.7km、AVE 26.7km/h)

朝里峠ヒルクライムと小樽運河(8/16)

北海道ライド3日目(8月16日)

3日目。今朝は予報は曇りだったが、それを裏切る快晴の天気!今日は昼から家族、親類とBBQの予定があったので、準備も兼ねて10時縛り(ToT)。サクッと近場のヒルクライムに行ってきましょう。前々日、定山渓側から登った朝里峠を今朝は小樽側から登ります。このルート、道道1号小樽定山渓線となっていて、数ある道道の中でも1番が付いています!小樽側の朝里から峠までの方が距離が短いため、札幌周辺のクライマーには良い練習場になっています。

起点の朝里までは、国道5号線で10km程度。朝里の交差点を左折して15kmの山道に入ります。朝里は朝里川温泉とスキー場がある小樽近郊の温泉街です。

Dsc_1042

朝里のループ橋

Dsc_1045

ループ橋から温泉街を望む

温泉街を過ぎたループ橋を越えた辺りから、本格的な山道になります。まだ朝早くて車通りも少なく、路面も良く、周囲の木々の緑、小鳥の鳴き声全てが気持ちいいです♪

Dsc_1046

Dsc_1047

Dsc_1049

Dsc_1050

Dsc_1051

途中、2人ほど自転車の方とすれ違いました。やはり、ロード乗りには人気のあるルートなんです。頂上まで登ったあと、来た道をまた一気に朝里まで下ります。そして小樽市街まで下り、朝イチの小樽運河へ。まだ朝の8時前だったので人通りもまばらで静かでした。

Dsc_1053

朝の小樽運河

Dsc_1059

後は、えっちらおっちら国道5号線を登って帰ります。途中、こんな日本海の絶景も見えました!

 

Dsc_1060

とても気持ちの良い朝ツーリングでした。(DIST 62.1km、AVE 22.6km/h、獲得標高 920m)

手稲山ヒルクライム(8/15)

北海道ライド2日目(8月15日)

前日のロングライドの疲れが残っていたのと、朝から曇り空だったので休脚日と決め込んでいたが昼過ぎから徐々に天候は回復。せっかくなのでと、近場の手稲山にポタポタヒルクライムに行ってきました。

銭函から手稲は10km程度、そこから約9kmのヒルクライムです。国道から山に向かって登り始めるところがいちばんキツいと思いますが、それを過ぎると傾斜も一定で気持ちよく走れます。

Dsc_1017

国道5号線から

Dsc_1018

緩やかに登ります

Dsc_1023

テイネハイランド

Dsc_1028

札幌市街を望む

Dsc_1030

夕日に暮れる日本海

このあたりは札幌からも非常に近いのですが、山も海も近くとてもいい環境です(^^)。途中、テイネオリンピアスキー場を通り過ぎ、上のハイランドスキー場まで登りました。帰りには、夕日に染まる日本海など景色も堪能したポタライドでした。(DIST 38.7km、AVE 20.7km/h、獲得標高 660m)

2014年8月22日 (金)

羊蹄山を見に峠越えライド(8/14)

北海道ライド1日目(8月14日)

今年は夏期休暇と勤続20年のリフレッシュ休暇を合わせて、少し長めに夏休みをとることができました。行く場所は嫁さんの実家の北海道になりましたが、自転車を送ってガッツリ走ることにします。いつも通りサイクリングヤマト便で北海道まで送りました。私が着く前日に着いていたので、すぐ組み立てましたが何か変速がおかしい???な、な、な、なんと、エンド金具が曲がっているようで、チェーンラインが曲がっていますΣ(゚д゚;)。いつも何ともないし、保険もかけずに送ったらこの有様・・・。いやいや、そりゃないっしょ!とか思いながら、翌日から走るつもりでいたので思い当たる自転車屋さんに持ち込んで直せるかどうかを聞いて回ります。。。3件目でサイクル小野サッポロさんで、なんとか頼み込んで直していただけました!本当に助かりました!ありがとうございました。

で翌日、無事に北海道ライドに出発できることに。一日目は全日フリーだったので、羊蹄山を見ること、峠をガッツリ走ることをテーマにコースを組み立てました。5時起きして、6時前に出発!嫁さんの実家から、小樽方向に走り出します。さすが北海道!朝は少し肌寒いくらいの気候。自転車乗るには最高のコンディションです(^^)。朝里から毛無峠を登ってスキーリゾート「キロロ」のある赤井川村を目指します。

Dsc_0986

毛無山展望台

Dsc_0989

キロロリゾート

赤井川村から国道393号線に沿って、羊蹄山が見える倶知安町を目指します。途中、村内放送で「お供え物はお持ち帰りください。熊が出没します。」って。。。怖いじゃないか〜(T_T)、人はいないし車通りも少ないのに。この393号の途中で2つ目の名も無き峠を越えます。空は抜けるほどの青空!

Dsc_0990

これなら羊蹄山も期待できると思ったんですが、倶知安町に入ると頂上が雲に隠れてる(ーー; それでもしばらく走っていると、なんとか頭を見せてくれました。

Dsc_0991

頭見えず・・・

Dsc_0993

羊蹄山(蝦夷富士)見えたー!(*゚▽゚*)

おいしい水で有名な道の駅「名水の郷きょうごく」で休んでいると、雨がポツポツ。早々に退散して、あげいもで有名な中山峠を目指します。喜茂別側からは、中山峠はかなりダラダラ登りで傾斜はキツくないんですが、もう100km以上走って天気もイマイチなのでテンションも上がってきません。ただ惰性でクランクをくるくる回していると、後ろから追いついてきたローディーさんに「一緒に走りませんか?」と声を掛けられました。もちろんこれに乗っからない手はありません。で、でも、ペース厳しいなぁ(TOT)。何か真っ黒に日焼けしてるし、アスリート体型だし、ふくらはぎ割れてるし!!もう付いていくのが精一杯。ここで脚終わらせたら最後の峠越えられないので、ずっと先頭牽いてもらいました。

中山峠に着いてご挨拶すると、奥さんのサポートカーとご一緒に一人ツール・ド・北海道をしてるとのこと。なんと道北の高校のクロスカントリースキー部の監督をやっているそうで、いろいろ納得(笑)。今日は中山峠がゴールだそうで、FBのアドレス交換をしてここでお別れしました。こんな感じで、自転車乗りはすぐ仲良くなれるのがいいですね。

20140814

素晴らしい出会い!

Dsc_1000

中山峠

Dsc_0997

揚げいもよりソフトクリーム!

中山峠からは温泉で有名な定山渓まで一気に下ります。ただ、この道は交通量がとても多い主要道路なので気をつけて下ります。定山渓からこれも有名な札幌国際スキー場に向かう道道1号線に入ります。いよいよ、ラスボスの朝里峠をやっつけます。ただ、北海道の峠道は冬に車が走れるようそれ程の激坂はありません。それでも、疲れが脚に溜まっているのでゆっくり登っていきます。

Dsc_1002

中山峠からの下りにて

Dsc_1003

さっぽろ湖畔にて

Dsc_1004

閑散とした夏の札幌国際

Dsc_1006

峠4つ目制覇!!

Dsc_1008

朝里峠頂上付近からの眺め

ここまでくれば、あと少し!朝里川温泉までビャーっと下って、国道5号線で無事帰宅しました。北海道ライド一日目から充実した走りができました!(DIST 181.6km、AVE 22.8km/h、獲得標高 2,450m)

2014年8月 3日 (日)

灼熱の朝練(8/2)

梅雨も明け、毎日毎日暑い日が続きます(>_<)

Dsc_0967_1

この時期は、早朝しか走れませんね。うっかり昼過ぎまで走ってしまうと、命の危険さえ感じてしまいます。朝4時半に起きたものの、ダラダラして5時半出発。さすがにこの時間ではまだ涼しいですが、バイクに乗っていると汗ダラダラです。特に行き先を決めていなかったのですが、とりあえず高滝湖目指して、市原中央高校の裏の坂を通って行きます。

Dsc_0968_1

高滝湖畔の市原湖畔美術館

天気は良いが暑い暑い(ーー; とりあえず大多喜に出てから、目的地を探しましょう・・・。ここから千葉県射撃場を通る県道173号、伊藤大山に向かう172号と山道に入ります。山の林道の木陰は涼しくていいですねぇ。伊藤大山も大した標高はないのですが、久々に走るとなかなかシンドいですわ(||´Д`)

Dsc_0969_1

伊藤大山登ったどー

ここからは快適ダウンヒルで一気に大多喜まで。あまりの暑さに、セブンイレブンに緊急避難。ガリガリ君に涼を求めます。

Dsc_0970_1

このグレープフルーツ味、なかにゼリーが入っててなかなか美味です(^^) 大多喜から海の方に向かおうかと思っていたのですが、あまりの暑さに意気消沈。ショートカットして帰ろうと、長南、長柄方面へ。長柄といえば、数少ない坂練できるAKB坂があるので行っときます( ̄^ ̄)ゞ 一応、タイムを測ってみようと長柄交差点から秋元牧場入口までヒーコラヒーコラ。。。結果、8分41秒と。STRAVAのトップタイムは6分ちょっとらしいので、まだまだ精進しなければなりません。でも、短距離のヒルクライムTTは苦手です(注:じゃあ長距離が強いってわけでもありませんw)

Dsc_0971_1

この後、MINISTOPでご褒美パフェ食べて、五井まで帰ってきました〜。早く涼しくならないかな(ワガママw)。

Dsc_0972_1

Dsc_0973_1

(DIST 79.7km、AVE 23.9km/h、獲得標高 800m)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »