2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 朝練 長柄・笠森 | トップページ | いつもありがとうございます »

2014年10月28日 (火)

秋の遠足 大弛峠ヒルクライム

秋も深まり、寒さが身に染みる今日この頃。そろそろお山はシーズンオフに入りますが、私の行きたい場所5本の指にに入る大弛峠に是非行っておきたい!ここで、大弛(おおだるみ)峠とは・・・自動車で行ける日本一高い峠(標高 2,360m)で、山梨県山梨市と長野県川上村の県境にあります。乗鞍岳がマイカー規制されたため、日本一といっても富士スカイラインの新五合目よりは低いですが、峠としては車でいける日本一の場所です。ちなみに、国道の日本最高地点は渋峠(標高 2,172m)です。

さてさて、富士山も初冠雪して山は冬を迎える準備満々なのでとっとと行っちゃいましょうと10月27日(月)の会社の創立記念日(の振り替え休日)に行くことにしました。やはり、休日に一人で車占領して遠出するのは気が引ける、中央道はこの時期の土日は激混みなのと、普段なかなかご一緒できない平日休みの自転車仲間ぐりさんと走る(道連れw)ことでこの日に設定しました。

朝4時にぐりさんお迎えに行き、市原ICから勝沼ICに向かってGOです!さすがに平日のこの時間は渋滞もなく順調に進んで勝沼までスムーズに到着。高速降りてからコンビニで補給食を買い込みます。ちなみに大弛峠までは、補給場所が全く無く、自販機一台あるのみの極悪コースです。飲み物と補給はしっかりと!

しばらく下道走って、道の駅花の郷まきおかに車をデポさせてもらいました。

Dsc_1369

道の駅花の郷まきおか

思ったほど寒くは無く、長袖インナー、薄手の長袖ジャージ、ウインドベスト、七分スパッツという出で立ちで出発します。背中には補給食と防寒着を入れてバックパックで準備万端です。道の駅から、少し下って公式?スタート地点の窪平交差点へ。

Dsc_1370

いきますよー!

初っ端の市街地からぶどう畑の中にかけて直線の激坂区間が続きます。まだ体が温まっていないのにこれはキツイ レースではないので、ゆっくり登ります。市街地区間を抜けて山深い九十九折れ区間が始まると少し傾斜が緩みます。だいぶ平坦に思えますが、それでも7〜8%あります。いかに最初の激坂区間が急だったか・・・。

Dsc_1372

わっせわっせと登ります

Dsc_1374

こんな坂でも緩斜面に思えます・・・

Dsc_1379

雲海!!

Dsc_1380

ところどころ木々の紅葉に癒されます

Dsc_1382

あの先の白いガードレールはこれから行くところですか?(泣)

約1時間半程で琴川ダムのある乙女湖に到着!しばし休憩です。標高500mから2,300mまで登りましたが、麓は色づき始め、ここ乙女湖のある中腹は紅葉真っ盛り、頂上付近は落葉という感じでした。千葉では見られない紅葉の綺麗さとスケールに圧倒されます。

Dsc_1389

Dsc_1385

Dsc_1387

Dsc_1388

赤や黄色に色づいた山々

乙女湖の近くに、山梨市立牧丘第一小学校柳平分校の校舎がありました。ここは日本一標高の高い場所にある小学校だそうですが、現在は休校中だそうです。校舎がお洒落でカワイイですね。

Dsc_1390

Dsc_1396

Dsc_1397

この小学校の前に、唯一の補給場所、自販機が1台ありました。私はボトル2本体制でてっぺんまで持ちましたが、夏なら足りないかもしれませんね。ここまで、距離も標高も半分位。普通のヒルクライム1本分は十分ありますが、ここから2本目行きますよ〜!

Dsc_1394

スタートから激坂・・・orz

乙女湖からしばらく激坂が続いて、また九十九折れの7〜8%の坂が続きます。乙女湖までの道よりは道幅も狭く、路面も悪くなっているので少し走りにくいですね。ここまで2時間近く坂を登り続けているので、いい加減脚も重たくなってきますね その後しばらく平坦に近い緩斜面が続きます。レースではないので、飛ばしたりはしません(笑)。

Dsc_1398

嗚呼、絶景かな。

Dsc_1400

空が近くなってきました

Dsc_1404

残り2km

高度が上がるにつれて景色も変わり、岩や枯れ木が多くなってきました。残りの距離をカウントダウンしながら自分を奮い立たせます

Dsc_1406

残り1.5km

Dsc_1408

こんなのが続きます・・・

Dsc_1409

ゴール間近!!

Dsc_1412_2

大弛峠のぼったどー

なんという達成感なんでしょう!これだからヒルクライムはやめられません。続いてナイトライダーぐりさんもゴール。さすがの距離バカの脚力です

Dsc_1415

Dsc_1417

Dsc_1420

長野側は未舗装です

Dsc_1418

山小屋は準備中でした・・・

しばらく写真を撮ったり休憩して、防寒着を着こんで下山準備です。登ってきた服装に、冬用の長袖ジャージを着込み、冬用グローブに履き替えて下山します。日陰では所々路面がウェットだったり、落ち葉が積もっていたり、路面が悪かったりと危ないので、ゆっくり下ります。途中、いたちかたぬき?っぽい野生動物が目の前を横切ってビビリました

さすがに下るばかりといっても、30kmも下りっぱなしだとブレーキを握る手も肩も凝って疲れますね。ウェアは寒さは感じずバッチリだったのですが、爪先が冷たくなって痛かったです

デポ地の道の駅まで戻ってバイクを車に積んでから、温泉に向かいまーす 山梨のほったらかし温泉と言えば、景色の良い温泉としてここ最近有名です。でも、さすがに平日なので混雑はなくゆっくりと景色を楽しみながら温泉に浸かれました そして、お山からは見えなかった富士山も頭を白くして見ることができました♪

Dsc_1423

Dsc_1424

帰りも中央高速、首都高ともに大した渋滞にハマることなく帰って来れました。ホントにベストとも言える天候で秋のライド&温泉を楽しむことができました。たまには千葉を飛び出して遠征するのもいいものです。またぐりさんも機会が合えばお付き合いくださいね (DIST 62.4km、AVE 17.5km/h、獲得標高 1,928m)

参考:富士の国やまなしを全力で走るサイト

« 朝練 長柄・笠森 | トップページ | いつもありがとうございます »

ツーリング」カテゴリの記事

コメント

昨日はたいへんお世話になりました。
なかなかこんなに長く登ることはないので、乙女湖から先は特にヘロヘロになってしまいました^^;にしやんさんの背中がどんどん小さくなって消えてしまいましたよ^^;
紅葉最高でしたね^^ナイスツーリング企画ありがとうございました。

絶景かつ壮大なフルクライムライド、お疲れ様でした。
この大弛峠はヨーロッパのプロツアーの超級山岳コースにも匹敵するハードなコースらしいですね。写真と文だけでお腹いっぱいになり、脚に乳酸菌が出てきたような気がします。(^_^;)

千葉では絶対に味わえない壮大な景色や紅葉の中を走るのはとても気持ちがいいですよね。自分もどこかに紅葉狩りライドに行きたくなってきました。もちろんノンビリマッタリとですけどね。(^_^)

ぐりさん、昨日はお疲れ様でした。
紅葉ライド&温泉は最高でしたね!心配した天気も、抜群のコンディションで晴れ男の責任果たせました(笑)。
またどこか遠征しましょうね〜♪
もちろん近場もヨロシクです(*´ω`*)

nobsun3さん、こんばんは。
千葉ののんびりとした道もいいですが、たまには県外遠征もいいですね。大阪に行ってから、つくづくそう思いました。是非、紅葉ライドお出かけくださーい♪(*゚▽゚)ノ
もうお山に登るには厳しい季節になりましたが、また来年もあちこち行きたいと思います!その為には、冬場はKSポイント貯蓄ですね(苦笑)

絶景、絶景!

天気が良くて、最高でしたね♪

ヒルクライムの醍醐味がよく伝わりました。

補給地点が一か所って、自殺行為。

でも、私は行くことはないと思うので、
まっ、いいか。

kuroさん、こんにちは。
ホント絶景でした!季節の変化を五感で感じられるのも自転車のいいところですね。是非、kuroさんも千葉を飛び出してみて下さ〜い♪ヽ(´▽`)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の遠足 大弛峠ヒルクライム:

« 朝練 長柄・笠森 | トップページ | いつもありがとうございます »