2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月29日 (月)

2014年走り納め!南房総ライド(12/28)

Dsc_0108

今年も残すところ僅かとなりました。今年の自転車ライドの集大成として、千葉の南端まで行ってきました

朝8時に家を出発 さすがに真冬仕様でも走り出しは寒いです。立野通りから東京ドイツ村、久留里街道で南下し久留里のセブンで休憩。肉まんとホットコーヒーを補給

Dsc_0106

久留里から山に入って国道410号線をひたすら南下します。日陰の箇所ではところどころ凍結している部分があり、寒さが厳しいです 君鴨トンネルを抜けて、ビャーっと下ってみんなみの里で休憩。この頃には、日差しも出てちょっと暖かくなってきました

Dsc_0107

アジのつみれ汁 あったまる〜♪

更に410号線のんびりとした道を南に向かって進みます。丸山あたりで県道296号線、更に安房グリーンラインに入ります。安房グリーンラインは初めて走りましたが、きちんと整備された走り易い道です ただし国道128号線と交差して更に南側は山岳区間となっていて、ここまで70〜80km走ってきた脚にはジワジワと効いてきます なんとか登り区間をクリアして下りに入ると海が見えてきました 南端はすぐそこです!野島崎灯台にトウチャコ

Dsc_0110

房総半島最南端!

補給に菓子パン1個とエナジーバーを投入してしばし休憩の後、館山駅目指して走り出します。ここからは海沿いをのんびりと走っていきます。風もそれほど強くなく、日差しがポカポカで気持ちいいです

Dsc_0111

洲崎神社

Dsc_0112

洲崎灯台

時間の都合で洲崎神社、洲崎灯台は写真だけ 館山駅には予定通り14時30分に着きました。夜に予定があるので、館山から輪行で帰ります。

Dsc_0113

Dsc_0114

一年の締めくくりとして、とても気持ちよく走れたライドでした。今年、実走で4,400km。6, 7月と引越しであまり走れなかったのが痛いですが、後半頑張ってよく走りました 来年もあちこち走り回りたいと思います!(DIST 122.8km、AVE 25.3km/h)

2014年12月23日 (火)

クアトロ鹿野山ライド(12/22)


Dsc_0083

今年も残り僅かとなってきました。今年も無事に自転車ライドを楽しんできたことに感謝しつつ、年末まで頑張って走りますよ〜!

ところで、来年の4/19に長野県で開催されるヒルクライムレース「ツール・ド・八ヶ岳」(25km、1,300m↑)にエントリーしました。このレースは2002年に初めてヒルクライムレースに出場した思い出深いレースです その時の自分とどれくらい変わっているのか今から楽しみですが、ここ山のない千葉県ではなかなかトレーニングする場所がありません。20kmはおろか、10kmでさえ続く坂道はありませんから ならば、数で稼ぎましょうということで、鹿野山のアプローチルート(福岡、秋元、佐貫、更和)全部をいっぺんに走ってしまおう ということで、行ってきました。

8時頃に家を出発 薄手の長袖インナー、半袖ジャージ、ウィンドブレークジャージ上下という出で立ちでしたが、走り始めはやはり寒いです 立野通りから東京ドイツ村、久留里街道を通って小櫃の交差点を右折します。ここで鹿野山の前に、県道163号線のちょっとした坂でハアハアします。鹿野山の麓までノンストップできたので、コンビニ休憩して補給します。肉まん、アミノ酸ゼリー、ホットコーヒー。

Dsc_0079

クリスマスですね〜♪

英気を養ったところで鹿野山に向かいます。まずは福岡口から。このコースはいつも通るコースなので勝手知ったるですが、今日は4本も登るのでゆっくり登ります。斜度は比較的ゆるく登りやすいです。

Dsc_0080

福岡口

1本目の鹿野山を無難にこなして、九十九谷公園をスルーして一気に秋元口に下ります。秋元コースは距離が短く、急斜面と緩斜面の変化が大きいので鹿野山の中では1, 2位を争う難易度です。

Dsc_0081

秋元口

コース終盤の激坂に悶絶しながら、ダブル鹿野山登ったどー!九十九谷公園でしばし休憩し、絶景に癒されます。

Dsc_0084

いつもはサイクリストの方が何人かいるのですが、この日は平日だったので全然見かけませんでした。休憩後、マザー牧場方面に向かって佐貫口に下ります。

Dsc_0087

佐貫口

佐貫コースも福岡コースと同じで距離が長くて緩い坂がダラダラ続きます。脚に疲労もたまってきているのでゆっくり登ってトリプル鹿野山登ったどー!登りきったところでマザー牧場に向かい、山の上の駐車場で東京湾越しに富士山がドーンと見えました この時期、空気が澄んでいるので千葉からでも富士山がよく見えます

Dsc_0090

東京湾越しの富士山!

さてさて、最後に更和口まで下ってしばしコンビニで補給します。

Dsc_0094

更和口

更和コースは距離が6km程あるのですが、前半の3kmはほとんど平坦、後半3kmがきつい斜面が続いていて息つく所がなく秋元コースと並ぶ難コースです。やはり後半の3kmは悶絶しながらなんとかゴール。クアトロ鹿野山登ったどー!

Dsc_0095_2

鹿野山コンプリート!

鹿野山4本で21km、1,200m位あるので、ほぼツール・ド・八ヶ岳登ったような感じですね 帰りは久留里まで戻る力と気力がなかったので、佐貫コースから君津に抜けて帰ってきました。南西の風で追い風だったのが助かりました (DIST 135.9km、AVE 23.4km/h、獲得標高 1,915m)

2014年12月 7日 (日)

般若寺の激坂を登ってみた(12/6)

Dsc_0030

いよいよ師走、もういくつ寝るとお正月体制。今季一番の寒気団が日本を襲う中、以前から行こう行こうと思って行けてなかったいすみ市の般若寺に行くことにしました。般若寺に何があるって、ファンタスティックな激坂があるのです!

こちらをクリック!

武者震いか早朝に目覚めたものの、あまりの寒さに慄き出発は10時過ぎ。。。冬使用の完全防寒着で出発です。

Dsc_0021

うぐいすラインで原田のセブンへ、そのまま鶴舞の坂を登って長南方面、睦沢と抜けて岬町を目指します。さすがに10時を過ぎるとそこまでの寒さではないのですが、風は冷たく停まっていると寒いくらいです。なので、ひたすら走り続けてノンストップで太東崎まで行っちゃいましたよ

Dsc_0022

Dsc_0024

空は青く澄み渡っていて、遠く九十九里の先の方まで見渡せました しばしの休憩の後、般若寺に向かいます。JR太東駅方面に戻って岬町椎木の交差点を真っ直ぐ進みます。看板も何もないのでこっちでいいのかな?と思いながらブラブラ走っていると目の前に突然現れました。。。壁ですねΣ(゚д゚lll)

Dsc_0035

Dsc_0034

出だしから壁ドーン!

Dsc_0029

この辺り一番キツイ

Dsc_0028

ハァハァ(;´Д`)

Dsc_0027

ここまでくればあと少し

Dsc_0025

般若寺の激坂制覇!ヽ(*´∀`)ノ

Dsc_0026

距離にしたら百数十メートルなのでたいしたことないですが、斜度と路面の凸凹、しかも苔むしていて極限まで路面抵抗が削ぎ落とされています。前輪を押さえ込もうとすると、後輪が空回りし、途中苔で2回程スリップしましたがなんとかなりました。ブログのネタ的には登ってみるのもいいですが、まったくトレーニングにはなりません(爆)。写真は下りに自転車を押して歩きながら撮りましたが、SPD-SLシューズでこの坂を下るのも恐怖です

同じく岬町のきんつば屋さんに寄って休憩した後ほぼ同じ道を帰りましたが、睦沢から長南に向かうあたりで恒例の爆風 これからの時期ますます寒さで自転車に乗るのが億劫になりそうです (DIST 106.7km、AVE 26.3km/h)

2014年12月 1日 (月)

房総里山紅葉ライド(11/30)

Dsc_0014

今日は嫁・子供が出かけるので一日フリーきっぷ!でも、目が覚めた時には昨夜の雨の影響で路面がウェット コーヒー飲んだり、撮り貯めたTV番組を見ながらマッタリします。しかし家に一人でいてもすることもないので、10時過ぎに重い腰を上げて出発!とりあえず高滝湖方面に向かいます

いつもは県道13号で磯ヶ谷の坂を登ってからうぐいすラインに合流するのですが、今日は気分を変えて福増ごみ処理場の横を通ってうぐいすラインに合流。だいぶ路面も乾いてきましたが、日陰ではまだまだウェット。下り坂はスピードを落として慎重に下ります。原田のセブンの交差点を右折し、養老清澄ラインで高滝湖へ。ちょうどお昼近くなっていたので、自転車仲間のkuroさんに教えてもらった里見駅近くの「巧徳庵 更科」さんへ。

Dsc_0011

巧徳庵 更科

Dsc_0010

とり汁そば大盛り(\1,180)

おすすめは鴨汁そばなのですが、あまり鴨は得意でないので・・・ そばは細めで喉越しがよく、つゆは濃い目、鶏肉も柔らかくてとても美味しかったです!ちょうど食べ終わった頃、お店の中から小湊鉄道の列車を見ることができました。

お腹も一杯になったところで、高滝湖畔を流します。ところどころ紅葉した木々が、癒してくれます。

Dsc_0012

高滝湖畔

Dsc_0013

高滝湖から鶴舞に抜けて原田のセブンイレブンまで戻ってきたところで、このまま帰ろうかとも思いましたが、家に帰っても誰もいないしせっかくのフリータイムなので紅葉もとめて千葉の里山を気ままに走ります。

笠森観音から野見金山に向かう途中、ふと激坂が目にとまりました。

Dsc_0017

ナイス勾配!

Dsc_0016

全應寺というお寺の入口だったのですが、距離は50mくらいしかなかったのであっけなかったです(笑)。坂を登ってみると、境内に立派なもみじの木があり綺麗に色づいていました。人は誰もいなくて、紅葉独り占めです

野見金山から大多喜、茂原と千葉ののんびりとした道を走って帰ってきましたが、途中の刑部の坂を登ったところでガス欠になったので自販機で赤コーラを買いました。するとこんなものが出てきました

Dsc_0018

金のエメマン?

中身も確認せず、背中のポケットに押し込んで家に持って帰りましたが、中身はなんと缶型スピーカーでした (赤コーラもちゃんと出てきましたww)

Dsc_0019

千葉には山はありませんが、美味しいものとのんびりとした道で自転車天国を感じたライドでした (DIST 106.1km、AVE 25.4km/h、獲得標高 870m)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »