2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 3月までの走行距離 | トップページ | 新緑の長柄周回錬 »

2015年5月 6日 (水)

復活!久留里ライド(5/5)

Dsc_0461

3月28日に落車負傷してから約5週間経ち、5月1日に骨折して固定していた右手小指のワイヤーも病院で抜いてもらい、いよいよ自転車生活も復活です 連休中は実家に帰っていたので、いい天気の中早く乗りたい気持ちを抑えきれませんでしたが、5日にようやくお許しをいただき、自転車に乗れることになりました 朝起きると、雨は降ってませんが厚い雲と強い風。リハビリも兼ねてなので、それほどロングではなく手ごろな場所ということでいすみ辺りも考えましたが、たまにお邪魔する久留里のお蕎麦屋さん「藤美」さんの藤が見頃だというので久留里に向かうことにしました ゆっくりめの朝9時出発。久しぶりなのでいささかの緊張感で漕ぎ出します(笑)。

Dsc_0456

いつもの立野通り、東京ドイツ村、久留里街道をのんびりと走ります。途中、こどもの日なのでたくさんの鯉のぼりが風で泳いでいました

Dsc_0458

のんびり走ったつもりが、久留里には10時半前に到着。まだ時間も早いので、プチヒルクライムで久留里城に登ります。久留里城の坂は500m程ですが、平均勾配で15%程度あり一番キツイところでは20%越えています(ガーミン先生談)。GIANT号で行ってしまったので、最小39*25のギヤでしたが何とか登りきることができました

Dsc_0460

久留里城のぼったどー!

下りも慎重に下って、「藤美」さんに向かいます。それでも11時30分の開店にはまだ早く1番乗りでしたが、庭の藤棚の写真を撮ったり、ツイートしたりして時間を潰しました。

Dsc_0467

Dsc_0466

Dsc_0468

開店時間にはかなりたくさんのお客さんが待っていましたが、一番で食べることができました。野菜せいろ大変美味しゅうございました

お腹も満腹になったところで、帰りは月崎方面に出て養老清澄ラインを牛久へ、そして牛久から市原中央高校の裏を通って13時頃帰ってきました。天気は帰ってくるころに晴れてきましたが、久々の外走りはとても気持ち良かったです (DIST 72.1km、AVE 26.0km/h)

« 3月までの走行距離 | トップページ | 新緑の長柄周回錬 »

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

復活ライド、おめでとうございます。
距離的にはこれから徐々に延ばしていくのでしょうが、復活初戦でいきなり久留里城を登坂するとはさすが!

藤美の藤、見事ですね。まだ見た事がなかったので自分も今日見に行こうかと思ったのですが、GW期間中の藤美の混雑が食べログ等でアップされてて怖じ気づいてしまいました。GW期間中はどこも混雑は避けられませんね。

いよいよ復活ですね♪
おめでとうございます。

サンキュー・ニーゴーのギヤって、
通称、男ギヤって言うんでしたっけ?

また遊んで下さいませ!

復帰おめでとうございます^ ^
自転車シーズンに間に合いましたね。蓄えていたものを坂にぶつけて下さい^ ^

こんにちは。復活なによりでしたヾ(〃^∇^)ノ♪
久留里の辺りは25年ほど前に仕事で行ったことがあります。
長閑で良いところだった印象があるので、記事を読んで久しぶりに行ってみたくなりました!

ところで遅ればせながらブログのリンクを張らせてもらってもよろしいでしょうか?

nobsun3さん、こんにちは。

1か月間自転車乗れない期間の長かったこと!その分、これからは安全運転で自転車ライフを楽しみたいと思います!(^^)

kuroさん、こんにちは。

ありがとうございます!またご一緒できるのを楽しみにしています(^^)

漢(おとこ)キヤは39*23以下ではないでしょうか(^^;

ぐりさん、こんにちは。

ありがとうございます。さすがに一か月のブランクは大きいですがボチボチ頑張ります(^^)

この時期は自転車最高ですね♪

ケントさん、こんにちは。

ありがとうございます♪なんとか自転車シーズンに間に合いました(^^;

久留里はなかなかいいところですよ。周りは山ばっかりですが(^^; 大多喜なんかも古い街並みが残っていていいところです。今度、ご案内しますよ!

リンクフリーなので、ご自由にどうぞ(^^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 復活!久留里ライド(5/5):

« 3月までの走行距離 | トップページ | 新緑の長柄周回錬 »