2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月28日 (月)

KOH富士山2015

昨年に続き、今年も行ってきましたKOH(キング・オブ・ヒルクライム)富士山。今年は2時間切りという大目標をもって取り組んできましたが、残念ながらふがいない結果に終わってしまいました。

レース前日に富士宮入り。駅前のビジネスホテルに前泊です。富士山本宮浅間大社に寄ってレースの無事をお祈りします。

Dsc_0913

翌朝、4時起きして天気を確認。道路は濡れていますが、雨はとりあえず降っていない感じ。朝食のパンを食べて、準備をして、5時にホテルを出て会場に向かいます。外に出ると雨がポツポツと降っています。雨の中二時間も走るのは嫌だな~と思いながら、車を走らせます。会場の駐車場では、軽く駐車場入りの渋滞。指示された位置に車を置いて、自転車のセッティングを始めます。この間も雨がポツポツ降ったり止んだり。駐車場に入った時には暗いのと雲に覆われて富士山の頂は見えませんでしたが、時間がたつにつれて少しの間だけその姿を見せてくれました(^^)

Dsc_0917

スタート場所は駐車場から4km程離れた場所からスタートとなりますので、6:20頃に移動開始。7時から順次カテゴリー別にスタート!いよいよ自分のカテゴリーのスタートです。

Dsc_0919

最初は様子を見つつもペースが落ちないように心拍計とにらめっこしながら進みます。昨年はぶっつけ本番でしたが、今年は二度目なので少しだけ余裕を持って走れます。無理をしない範囲で少しでも傾斜が緩くなればスピードアップする作戦で、料金所まで58分。予定より2分遅れでしたがまずまずのペース。昨年のタイムより4分も早いので上出来でしょう。さあ、勝負どころの後半戦!!のはずですが、急激に脚も腰も重くなりスピードが出ません。まあ既に一時間も登っているので疲れも溜まってきてはいるのですが、前半あれほど順調に進んだのが突然のブレーキにややパニック気味に。といっても、登るしかないのでひとまず心拍を少し下げ気味に落ち着かせます。それでも状況は好転せず、高鉢駐車場から七曲駐車場までの区間は非常に苦しい展開となりました。エナジーゼリーを口に放り込み、なんとか攣りそうな脚を回して回して前に進みます。五合目駐車場の看板が出てきて、二時間はおろか昨年のタイムも下回っていることもわかっていましたが最後までふんばって何とかゴール。ゴール後地面に倒れこむほどだったので、出し切ることはできたと思います。昨年より2分遅れという結果でした。

Dsc_0923

Dsc_09251

体調も悪いわけではなかったのでホントに???だった訳ですが、これもレースですね。苦い結果でしたが、いい経験になりました。

今シーズンのレースはこれで終了しましたが、一年で美ヶ原、甘利山、KOH富士山と3つの大会に出たのも初めてですし、自分なりに試行錯誤してヒルクライムに取り組めたシーズンでした。また応援してくれた家族にも感謝したいと思います。しばらくは気持ちをリフレッシュして、タイムを気にせず山登りを楽しみたいと思います。来年?まだまだ白紙です(笑)。

2015年9月13日 (日)

富士山×2ヒルクラ練(9/12)

Dsc_0875

いよいよ今年の最大目標のレース”KOH富士山”が二週間後に迫っているにもかかわらず、9月に入ってからの雨続きで乗り込み不足気味。ここらでガツンと一発身体に喝を入れておこうと県外遠征へ~。前々から行こうと話していた、神奈川のクライマー、ケントさん と富士あざみラインに行くことにしました。私は今まであざみラインを登ったことはなかった(車ではあり)のですが、日本でも屈指の激坂として有名。全長11.4km、標高差1,200m、平均勾配10%、最大勾配22%・・・とコースプロフィール見ただけでお腹いっぱいになりそう。ただ、8月に出場した甘利山ヒルクライムも全長11.7km、標高差1134m、平均勾配9.6%とほぼほぼ似たような感じなので登れないことはなかろうとまだ見ぬ激坂に武者震い。そのせいか、当日、道の駅すばしりに9時集合なのに4時前に目が覚めてしまう始末(遠足前の子供かっ!)。録画していたブエルタ見ながら士気を高めて、5時に家を出発。アクアライン、東名高速を経由して8時には道の駅に着いてしまいました(^^;

Dsc_0869

東名高速からは富士山がきれいに見えたのですが、道の駅からは雲の中でまるっきり見えません。。。自転車をセッティングしたりTwitter呟いたり(笑)してるとケントさんも到着!いよいよあざみラインへ出陣です!!

Dsc_0855

Dsc_0856

序盤の直線はまだまだ傾斜も緩く(と言っても10%前後)でお喋りしながら登ってゆきますが、鳥の絵の壁をを過ぎると徐々にキツくなってきまます。

Dsc_0857

Dsc_0858

そして6km過ぎてほんの少しだけ下ったところからあざみラインの怖さを思い知ることになります。とにかくまっすぐ走れませんΣ(゚д゚lll) 道幅をフルに活用し蛇行運転をします。ちょうど先週末でマイカー規制が解除になり、一般車もボチボチ登ってきますので注意を払いながら重いペダルを一踏み一踏みギリギリと回していきます。とにかく休みどころがないので我慢を強いられ、何度足付きしようと思ったことか・・・。9kmを過ぎると緩斜面も出てきてなんとか凌げます。しかし、7%程度の傾斜がまっ平らに思えてきてしまう(驚)。徐々に道端に登山者の駐車車両が出てきて、須走口五合目とうちゃく!!霧で真っ白で富士山も何も全く見えません(--; タイム77分で、ちょうど甘利山と同タイムでした∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

Dsc_0860

Dsc_0861

Dsc_0862

よく自転車ブロガーさんのブログにはこけももソフトの写真が出てきますが、とても寒くて食べる気がしません。キノコ汁で暖まります。味噌の塩気が体に染み渡ります。登りはあれほど時間がかかったのに下りは早いものです。

Dsc_0866

フジアザミという花だそうです

Dsc_0867

道の駅まで戻ってまだ時間が早いのでどうしましょうということになり、あざみもう1本というケントさんの提案を速攻スルー(笑)し富士スカイラインの試走に行くことにします。

車で西臼塚の駐車場まで移動し、富士宮口五合目を目指します。料金所から3km程で旧料金所ゲートへ。レース本番ではここから1時間くらいで走らないと2時間切りは難しいです。傾斜はあざみラインよりは楽ですが、あざみラインでの脚と腰のダメージで思うように登っていけません。特に腰が痛くて、ダンシングを織り交ぜて痛みを緩和しますが、スピードも乗らず坦々と登るだけ。それでも四合目あたりから雲を抜けて富士山が上までくっきり見えてテンション↑↑です。五合目駐車場の急坂をのぼってゴール!!

Dsc_0872

Dsc_0873

Dsc_0874

Dsc_0878

Dsc_0883

五合目2本で十合目(笑)

料金所からのタイムは68分でした。まあ、昨年は試走もなしで乗り込みも今年よりは全然少なかったので、練習を信じて頑張ります!ψ(`∇´)ψ

西臼塚の駐車場まで下って、御殿場インターから帰路に着きましたが、幸いひどい渋滞に巻き込まれることもなく帰宅できました。ケントさん、お疲れ様でした&ありがとうございました。27日の本番は頑張りましょう!(o ̄∇ ̄)/

富士山ヒルクラ2本で約29km、獲得標高2,240mでした(笑)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »