2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

もみじロード パトロールライド

Dsc_1051_3

久しぶりに天気の良い週末、土曜日が嫁さんの仕事休みだったのでフリーチケットをいただいて、南房総のもみじロード(県道182号線)に紅葉の偵察に行ってきました。今年は寒くなるのが遅かったので、ここ房総の紅葉もさらに1~2週間遅れているようです。事前情報でも、まだ色づき始めみたいな感じのようです。

朝9時頃に家を出発 いつもの立野通りから東京ドイツ村、久留里街道で鹿野山を目指します。道すがらも、少しずつ色付いている木々に癒されます 東京ドイツ村近くの小学校に立派な銀杏の木があったので、写真をパチリ

Dsc_1043

小櫃で右折し県道163号線のちょっとした坂をえっちらおっちら登ります。ひと山越えて、癒しの福岡口から鹿野山アタックです。先週は脚も売り切れてダラダラと登っていましたが、今回は少し強度を上げてグイグイ登りました。自己ベストからは2分30秒ほど遅い いつもは突き当りを左折して九十九谷公園に向かうのですが、先週行ったばかりなのでそのまま右折してマザー牧場で牛さんとのコラボ(笑)。山の上駐車場からは富士山がきれいに見えました

Dsc_1046

Dsc_1047

マザー牧場で少しの休憩の後、更和方面に下ります。更和の交差点を左折し三島湖方面に少し走ると、もみじロード入口の看板がありました。

Dsc_1048_1

Dsc_1049

Dsc_1052

Dsc_1056

Dsc_1057

Dsc_1059

Dsc_1060

Dsc_1061

いちょうはほぼ全面色付いていましたが、もみじはまだ4割程度といったところでしょうか。見頃は来週末~再来週と思われます。もみじロードは10kmほどののんびりした山あいの道ですが、天気も良くてとても気持ち良かったです

Dsc_1062

もみじロードから保田に下って海沿いの道をひたすら帰ってきましたが、東京湾越しに富士山を眺めながらのライドでした。家には日没前の16時過ぎに到着。ポカポカ陽気で気持ちの良い一日でした

2015年11月23日 (月)

房総おもてなしライド(11/22)

かれこれ遡ること3週間ほど前。東京の自転車仲間のりおさんから「房総に走りに行くのでご一緒しませんか?」とメッセージ。こんなチャンスはなかなか無いので二つ返事でOK!と。それから週末の度に天気が悪くなる負のスパイラルが続き、3週末目の昨日、ようやく実現となったわけです。

のりおさんといえば無類の坂バカ山をこよなく愛する方(笑)なので、スカイツリーよりも標高の低い千葉県でも数少ないヒルクライムスポットを散りばめてコース設定を。やはり、清澄山と鹿野山ははずせません。で、上のようなコースになったわけです。せっかくなので、これまた山をこよなく愛す神奈川の自転車仲間ケントさんもお迎えすることになりました。

集合は道の駅ふれあいパークきみつの向かいにある片倉ダム資料館の駐車場に。みなさん、時間前に早めの集合です。微妙な天気予報で、私は冬用のジャージ上下でしたが走っている間は少し暑い位でちょっと失敗。さっそくおもてなしライドのスタートです。

スタートしてすぐに鴨川有料道路を快適ダウンヒル。鴨川市街の中心に入る手前で信号を左折し天津方面に向かいます。海沿いだと思いのほかアゲインストの風が強く少し先頭交代をしてもらいました(^^;)。天津小湊で左折し清澄山ヒルクライムに入ります。最初の直登から九十九折れを過ぎるまでは勾配がきつくしんどいですね。

Img_1186_xlarge

九十九折れを越えると傾斜も緩くなり、のんびりと登れます。せっかくなので清澄寺へご案内~。ここでちょっと休憩します(^^)。

Dsc_1031

Dsc_1030

清澄寺から七里川温泉までは下り基調の山あいを縫う雰囲気の良い私の好きな道。3週間遅れて、房総もようやく紅葉が始まりかけ、この区間は木々が結構色づいて綺麗でした 七里川温泉から養老渓谷方面へ。やはり紅葉目当ての観光客で車通りはいつもより多め。特に老川の交差点から養老渓谷方面に曲がるとたくさんの車で渋滞していました。太鼓橋のところで休憩がてら写真タイム。このあたりの紅葉はまだ先のようです。

Img_1200_xlarge

Img_1212_xlarge

大混雑の養老渓谷を早々に退散し、久留里方面に向かいます。この日のコースは平坦区間がほとんどないアップダウンを繰り返すコース。脚がじわじわと削られてきて、次第に疲れを感じてきます。11月に入って雨続きで自転車サボってたツケが回って来たみたいです お腹も空いてきてところに久留里の街に到着!久留里ではよく立ち寄るお蕎麦屋「藤美」さんにご案内。開店前の11:15頃着きましたが、やはり観光客が多くて結果的には正解!お蕎麦が出来上がるまでの間いろんな話で盛り上がりましたが、のりおさんは同じ高校の1つ後輩ということはFacebookで知っていたのですが、なんと同じ軽音楽部だったことも判明 学年もバンドも違うので交流もなく、全くその頃は知らなかったのですが、同じ部室でギターを弾いていたもの同士が四半世紀後に自転車仲間になっているとは!(笑) 藤美さんのお蕎麦は安定の美味しさで、ランチサービスのおにぎりも食べてお腹いっぱいになりました

Dsc_1032

Dsc_1033

午後の部は久留里から鹿野山に向かいます。久留里から鹿野山の麓まではひと山越えなければなりません。満幅のお腹と疲労の溜まった脚でじりじりと進んでいきます。県道93号を登って下って県道92号へ。ここで北寄りのアゲインストの風がビュービュー。その時のりおさんが前に出て牽いてくれますが、35キロオーバーの鬼牽き! 付いていくのが精いっぱいですorz。なんとか鹿野山福岡口までご案内して、私の脚は売り切れ・・・。九十九谷公園の場所を教えて、のんびり一人旅で鹿野山をのぼります。不甲斐ない案内人ですいません

Dsc_1034

Img_1224_xlarge

ワタシもう一台のカメラの方向いてますww

九十九谷公園からの景色を楽しんだ後、秋元口に下って、房総スカイラインのアップダウンをヒーヒー言いながら走り切りデポ地まで戻ってきました。約90キロほどのライドでしたが充実感満点でした

のりおさん、ケントさん、また房総に走りに来てくださーい♪

※のりおさん、写真ありがとうございましたm(__)m

« 2015年10月 | トップページ | 2016年2月 »